ひたちものづくりサロン

お知らせ


ひたちものづくりサロン( HMS:Hitachi Monodukuri Salon ) とは

・ひたち(日立と常陸)の地を中心に活動する産学官金各界関係者(学生を含む)の
「出会いと相互連携の場」です。

・地域に根差した産学官金連携に基づく地域活性化を目指し、新たな出会いを求めて集う会員相互の
緊密な親睦と連携を通じて、地域経済の発展、更には広く社会に貢献することを目的としています。

ひたちものづくりサロンとは

・茨城大学工学部と連携した活動例として、付属教育研究センター発足を受けてオープンな大学を目指して
社会と双方向な関係を築くためのプラットフォームとなります。

大学シーズの社会還元

ひたちものづくりサロンの組織

会員構成 : 個人(正会員) ・ 法人(賛助会員)

役員構成(敬称略)  ※変更があった項目は朱色で記載しています。

                                          
会長 日立商工会議所副会頭 小峰 保信
副会長日立経営者研究会会長小野崎 久雄
副会長茨城大学社会連携センター 副センター長金野 満
代表幹事茨城大学工学部 情報工学科 講師佐々木 稔
幹事茨城県商工労働観光部 産業技術課 課長補佐綿引 公徳   (前:井坂孝雄)
幹事日立地区産業技術支援センター チーフCD田中 正浩
幹事日立商工会議所 総務部 会員サービス課 課長鈴木 聡司   (前:鈴木茂夫)
幹事茨城大学社会連携センターCD鈴木 裕宣   (前:宮田正海)
事務局長茨城大学社会連携センター 産学連携課 課長田中 裕二  (前:湊 一英)
 

ひたちものづくりサロン入会のメリット

・産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンスが増大します。

・大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。

・コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決されます。

・賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引き特典があります。

・賛助会員の企業・団体には茨城大学より産学官連携に関するシーズ集、広報誌ほかをお届けします。

 

ひたちものづくりサロンの主な活動例

全体活動

集まる

・年次総会

・ひたちものづくりフォーラム

・サテライトオフィス

サテライトオフィス
ひたちものづくりフォーラム2011

知り合う

・ソーシャルメディアを活用した
          バーチャルコミュニケーション

・旬の話題提供 : メールマガジン発行

・深める相互連携 : メーリングリスト共有、
              facebook 利用 ・ 活用

 
ひたちITフォーラム

グループ活動

 深める

グループ活動

現在、以下のグループが活動しています。

ライフサポートグループ


入会のご案内

 ひたちものづくりサロンでは、一人でも多くの皆様の出会いと相互連携のお手伝いをしたいと願っています。
 一人でも多くの皆様の入会申し込みをお待ちしています。

ご入会方法

入会手続き

 こちらの申込書(Excelファイル)にご記入の上、FAX またはメールに本書を添付し、お申し込みください。
 FAX : 0294-38-5240
 E-mail : hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

年会費

 ひたちものづくりサロンの趣旨にご賛同していただける法人(企業・団体) の方は、賛助会員として、
年間一口20,000 円のご協力をお願いします。
*個人会員(正会員) は無料です。

お問合せ

 ひたちものづくりサロン事務局 :
 茨城大学 社会連携センター 産学連携課
 〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
  TEL : 0294-38-5005  FAX : 0294-38-5240
  E-mail : hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

 

ひたちものづくりサロン・会則

会則につきましては、こちら(PDFファイル)をご覧ください。

 

このページの先頭へ